脱毛が痛いと言われているのはなぜ?今の脱毛と昔の脱毛について

レーザー脱毛は毛穴の奥までケアできる分痛みが強くなりやすい

数ある脱毛方法の中でも人気が高いレーザー脱毛は、毛乳頭や毛母細胞などの毛穴の奥までしっかりとケアできますが、皮膚の表面への刺激も強くなるため、人によっては施術中に痛みを強く感じることがあります。特に、ムダ毛がまばらに生えている人や、生まれつき肌質が弱い人などは、施術中だけでなく、術後にも痛みが残るケースも少なくありません。そこで、安心して施術に臨むために、カウンセリングの時間を利用して信頼のできる美容外科の医師に肌の状態を診察してもらうことがおすすめです。また、レーザー脱毛の施術にかかわる痛みを最小限に抑えたい場合には、ピンポイントでムダ毛の多い箇所だけをケアできる最新型のレーザー機器が導入されているクリニックを選ぶと良いでしょう。

最新のフラッシュ脱毛はほぼ痛みを感じずに施術を終えられる

エステサロンで主に採用されているフラッシュライトを使用した脱毛方法は、レーザー脱毛と比べると効果がやや弱いものの、痛みをほぼ感じることなく施術を終えられるといった魅力があります。全国展開しているエステサロンの中には、肌がデリケートな人や肌トラブルを抱えている人が無理なく施術を続けられるように、施術中にトリートメントを行ったり、アフターケアに力を入れたりしているところも多くあります。そのため、なるべく痛みの少ない施術を選びたい場合には、最新のフラッシュ脱毛のシステムが導入されているエステサロンの特徴を調べておきましょう。その他、痛みの有無や術後の肌の状態について詳しく知るために、契約前にお目当てのエステサロンで施術を受けたことがある人の口コミをチェックすることもおすすめです。

脱毛の費用は、サロンとクリニックとで異なりますが、施術の期間が一年以上にわたる場合には、脱毛方法にかかわらず五十万円近くの出費が発生することもあります。